NEWS

貴重な日本蜜蜂の天然・生はちみつ、美味しさのヒミツ!

西海市では、畑や山の中、庭先などに巣箱を設置し、日本蜜蜂を育てている方をよく見かけます。今回は「す〜さんち」のはちみつをご紹介します!

山の中にぽつんと置かれた木の箱。これが、日本蜜蜂を飼育している巣箱です!日本蜜蜂は、もともと日本にいた在来種のミツバチですが、スーパーなどに流通しているはちみつのほとんどは、西洋ミツバチのはちみつ。日本蜜蜂の飼育は非常に難しく、はちみつの採集量も少ないため、市場にはなかなか出回っていません。それゆえ、とても希少な高級品とされています。

日本ミツバチはとても繊細で、居心地の悪い巣だと、すぐにいなくなってしまうそう。クマバチやスズメバチなどの大きな蜂に攻撃されたり、巣の中で寄生虫が発生しないよう、できるだけ巣の中の環境を良く保てるよう、気をつけなくてはいけません。
 
十分な蜜が入っていることを確認したら、木枠を開けます。するとご覧の通り、木箱の中には、立派な巣がびっしり!六角形が連なる、いわゆる「ハニカム構造」の巣が見事にできあがっています。一段から採れる蜜は、約3〜5リットル。「蜂さん、ごめんね〜」と、他の段の木箱へ移動してもらいながら、採集します。

さあ、巣箱を持ち帰って、はちみつの採集です!
遠心分離機などにかけて採集する方法もありますが、「す〜さんち」では巣から蜜がこぼれるようにカットしたら、あとは自然とこぼれ落ちるのを待ち、ろ過するという手法。

時間はかかりますが、一切熱や力を加えずに採集するため、はちみつの栄養分や酵素がしっかり残った、より自然で純度の高いはちみつになります。それにしても、あんなに小さな体の蜂さんたちが、こんなにたくさんの蜜を集めてくるなんて、本当にすごいですね!

日本蜜蜂と西洋ミツバチのはちみつの大きな違いは、どんな花から集められた蜜か、ということ。
西洋ミツバチが、特定の一種類の花から蜜を集めてくるのに対し(だから「アカシア」や「レンゲ」といった花の名前がつけられるんですね!)、日本蜜蜂は複数の種類の花々から蜜を集めてくるため、「百花蜜」と呼ばれています。

季節や場所ごとに花が変わるため、風味や色合いもその時々で違います。だから、「風味も、色も、蜂さんまかせ」!日本蜜蜂ならではの特徴です。

たくさんの花の蜜がつまった「百花蜜」は、コクがあり、華やか。それでいて、イヤな甘みはありません。
「す〜さんち」では日本蜜蜂ならではの「味わいの違い」を楽しんでもらうため、いつ採蜜したかを記載して、瓶に詰めています。お手元に届いたら、ぜひ「採蜜日」をチェックしてみてくださいね!

日本蜜蜂の希少な天然はちみつ。
非加熱で酵素や栄養素も残った、純粋・生はちみつです!
ぜひ、お試しください!